, ,

パーソナルグローバリゼーション② – パールハーバー?

私のパーソナルグローバリゼーションに一番強く影響を与えたのはやはりアメリカ留学時代。高校まで田舎の公立に通った世間知らずな娘が、遠くアメリカの地で多感な時期を過ごしました。サマースクールで3ヶ月ボストンで過ごした後、バージニア州の片田舎の女子大に2年、ニューヨーク州北部のマンモス大学シラキュースに2年半、その間にロンドンにも交換留学しました。ロンドン滞在中にはヨーロッパ諸国を放浪する機会もあり、すべてが新鮮で刺激的でした。

アメリカの大学生で何が一番良かったかと聞かれたら、いろいろな人々と出会い、多様性を肌で感じることができたことだと思います。全く違う価値観やバックグラウンドを持つ人々に触れることで、「違い」を受け入れる心のベースができたのでしょう。

大学時代はいろいろなことがありましたが、今でも忘れられないのは、お店に入った時に突然「パールハーバー!」と言われたことと、オクラホマ爆発事件の後(当初イスラム教徒の犯行だと思われていた)、ベールを被ったモスリムのクラスメートがウォールマートで「野蛮な異教徒」とアメリカ人のおばさんに言われた時のこと。その時とっさに「ネガティブな感情は無知から生まれる」と感じました。

その時からです。「グローバリゼーション」の中で必要なことは、多様性を受け入れることに他ならず、それは国家という大きな存在だけでなく、人々の小さな出会い、草の根的な交流から始まるものだ、ということを確信したのは。だから私たち一人ひとりが「アンバサダー」なのです。

, ,

パーソナルグローバリゼーション① – ショッキングなホームステイ体験

私の初海外は中学校1年の時に祖母に連れられていった中国旅行。

2回目の海外は、中学2年の夏に行ったアメリカでのホームステイ。オハイオ州の小さな町の一般家庭で過ごした1ヶ月間はかなり衝撃的な体験でした。

まず、ホストファミリーが敬虔なモルモン教徒だったこと。毎週日曜は教会へ行き、日本語バイブルまで用意してくれていて、それを読まなければいけなかったこと。毎食前のお祈りが長くてとってもお腹が空いたこと。お祈りのためなのか外食を一切せず、ファーストフードも必ずテイクアウトだったこと。お昼は毎日ピーナッツバターとピーチジェリーのサンドイッチ一切れでとってもお腹が空いたこと。シャワーは毎日浴びれず、水曜と教会へ行く前日の土曜日のみ、あとは体を濡れタオルで拭くだけだったこと。新聞配達をしたこと。カウンティフェア(地元の農業祭)で地元紙の取材を受け、「Yokoはアイスクリームとコーンが好物だ」と書かれたこと(英語がほとんどしゃべれなかったので、ひたすらI like ….と言っていたのだと思う)、真顔で忍者はいるのかと聞かれたこと、などなど、今風(?)に言うと「びっくりぽん」な、できごとばかりだったと記憶しています。

その時に感じたのは、「彼ら(田舎に住んでいるアメリカ人)は無知だ」ということ、そして「彼らは私を通じて日本を見ている」ということでした。

今まで日本と全く接点がなかった人が私に出会ったことで、少しだけ日本を身近に感じるようになったり、私の言動が彼らの日本に対する印象に影響を与えること、それは「日本=私」と言っても過言でないほどでした。その体験を通じて、私は一人の個人でしかないけれど、私という存在はある種日本を代表しているものだ、ということに気づき、勝手に「自分=民間アンバサダー」なんだと実感したものでした。