未分類

ハマってしまったもの

こんにちは!こころと身体の健康ナビゲーター、Yokoです(^_-)-☆

コロナ休業期間に立ち止まって考えたこと

それは、自分がなぜフィットネスインストラクターになろうと思ったのか?

最初の原点をふり返ってみようと思いました

子供の頃から身体を動かすことは好きで、特に音楽のリズムにのせて身体を動かしていると、気分が高揚し、嫌なこともスッキリ忘れられる感じがあった

私が中学生の頃、当時の人気アイドルだったマッチのレコードをかけながら、バックダンサーのまねをして踊っていると、下の階にいる親から床が抜け落ちるから止めなさい!と叱られたものです

実は、マッチにも会いたかったけれど、スクールメイツのオーディションを真剣に受けようかと思っていたくらいです(笑)東京に出ないといけないので諦めましたが・・

そんな私が、高校卒業後にハマり出したのがエアロビクス!

まだ、日本で流行り始めた80年代の頃は、ハイレグ水着のようなウェアにスパッツ、レッグウォーマー、リーボックのハイカットシューズ、額にはバンダナ?!というのが定番

写真がないのが残念ですが(笑)

今では、中高生の部活にダンス部もあるようで、つい最近ブームを巻き起こした登美丘高校ダンス部のパフォーマンスなどはカッコよかったですね~♬

若かったら間違いなく入部希望していたと思います(笑)

そんなこんなで、唯一の気分発散で機嫌よくスポーツクラブに通っていた私ですが、

ある時から向こう側(インストラクター側)に行きたい!と思うようになるきっかけがありました

続きは、次の投稿でお話ししたいと思います(^_-)-☆

「自己紹介」 ★こころと身体の健康ナビゲーター Yoko です(^_-)-☆1968年10月生まれ 動物占い「人間味あふれる狸」大阪府羽曳野市出身、古墳群に囲まれた田舎で生まれ育ち、現在は、大阪市内に住んでいます。学生時代は身体が弱く、朝礼ではいつも貧血で倒れ、胃腸の調子を崩したり、様々なアレルギーの発症で悩むことが多かったです。また、感情を表に出すのが恥ずかしく、人前に出ると心臓がドキドキ、赤面して声も出ない。そんな様子をからかわれたり、嫌がらせを受けたこともありました。そんな私ですが、唯一好きだったのが、歌うことと踊ること(笑)父は演歌が好きで、母はいつも動揺を口ずさんでいました。そんな影響からか?私も当時のアイドルの歌を一人部屋の中で歌ったり踊ったりしていました。相変わらず、外では口数が少なかったものの、周りからは、あなたは笑顔が素敵だから感情をもっと表に出すといいよ。と言われ、少しずつ自己表現が出来るようになってきました。高校を卒業し、飲食店、フィットネスクラブでの接客業、雑貨メーカー営業職を経て、28歳の時にそれまでは趣味で楽しんでいたエアロビクスをインストラクターとして始めることになりました。その後は、水中エクササイズ、ステップエクササイズ、筋コンデシショニング系などの指導ジャンルを増やしながら週に20本近い指導をしている最中、身体の疲労が抜けないストレスから体調を崩してしまいました。そんな時に出逢ったのが、東洋医学と西洋医学の理論を基にした「健美操」でした。こころと身体は繋がっていて、どちらが不調になってもバランスが崩れてしまうということを知り、調息、調身、調心の3本柱を調える健美操を深く学び、もっとたくさんの方に心身を調和させることの大切さを知って頂きたいという思いから約20年間携わってきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です