パーソナルグローバリゼーション② – パールハーバー?

私のパーソナルグローバリゼーションに一番強く影響を与えたのはやはりアメリカ留学時代。高校まで田舎の公立に通った世間知らずな娘が、遠くアメリカの地で多感な時期を過ごしました。サマースクールで3ヶ月ボストンで過ごした後、バージニア州の片田舎の女子大に2年、ニューヨーク州北部のマンモス大学シラキュースに2年半、その間にロンドンにも交換留学しました。ロンドン滞在中にはヨーロッパ諸国を放浪する機会もあり、すべてが新鮮で刺激的でした。

アメリカの大学生で何が一番良かったかと聞かれたら、いろいろな人々と出会い、多様性を肌で感じることができたことだと思います。全く違う価値観やバックグラウンドを持つ人々に触れることで、「違い」を受け入れる心のベースができたのでしょう。

大学時代はいろいろなことがありましたが、今でも忘れられないのは、お店に入った時に突然「パールハーバー!」と言われたことと、オクラホマ爆発事件の後(当初イスラム教徒の犯行だと思われていた)、ベールを被ったモスリムのクラスメートがウォールマートで「野蛮な異教徒」とアメリカ人のおばさんに言われた時のこと。その時とっさに「ネガティブな感情は無知から生まれる」と感じました。

その時からです。「グローバリゼーション」の中で必要なことは、多様性を受け入れることに他ならず、それは国家という大きな存在だけでなく、人々の小さな出会い、草の根的な交流から始まるものだ、ということを確信したのは。だから私たち一人ひとりが「アンバサダー」なのです。